転職時に石の上にも3年だから辞めるなと言われたら考えて欲しい事

転職しようとしたら「石の上にも3年だ」と言われたことはないだろうか。

このことわざは色々使われるシーンはあるが、
若手の社会人が退職をしようと思った時に
「石の上にも3年と言うし、もう少し頑張ってみないか。」
と、引き止められる時に使われる事が多いかと思う。

そう言われたあなたはどう思うか。
ここでは令和の時代を生きる時に、
果たして「石の上には3年」の考え方が必要なのかを考えていきたい。

石の上にも3年と仕事で言われたら
sponsor

石の上にも3年の意味

「石の上にも3年」とは、冷たい石の上にも3年いれば温まるという事から、
辛いことも長く続けていればいつかは成功する事を意味する。

この3年とは具体的な時期の話ではなく”長い間”を表しているが、
仕事で使われる時は具体的な期間の”3年”として意図される事が多い。

ただ現代用語としては、もう3年間という意味でも良いように感じる。

仕事で「石の上にも3年」だから辞めるなと言われたら

入社して2年、仕事に疑問を覚えて会社に退職届をだした。
すると上司から「石の上にも3年だ、お前にはまだ見えてない景色がある」

と言われたら、あなたは答えるか。

「一理あるな」と思う人もいれば「関係ない、もう辞める」と思う人もいるのではないか。
結論、これはどちらもあなたがそう思ったのならば正解だ。

その上で、私が考える新社会人を取り巻く環境と、3年という期間について解説をしたい。

会社は石の上に3年いてもらわないと困る

会社としては、あなたを採用して教育してしっかり仕事の「利益」として返してもらうためには、最低3年間は働いてもらわないと困る。

だから、絶対に辞めてほしくないし、日本の会社が最初の3年で人事異動を設けているのは次の異動への希望をもたせてそれまで辞めさせない為という意味もある。

だから「石の上にも3年」がここまで使われるのだ。

しかし、それ自体は全く気にしなくていいことなのである。

確かに、自分がコストばかりかかって利益を生まなかった事は自覚すべきだが
あなたの人生はそれよりも優先されるべきものであり、
会社のそういった事情に必ず義理通しする必要はない。

「投資も絶対にリターンがあるとは限らない」という考えで、
会社はあなたへの投資に失敗したという事なのだ。

入社早々に疑問を感じたら一度考えて欲しいこと

私は必ずしも3年いる必要は無いし、その考え方は古いとも思う。
ただし、注意して欲しい事もある。

最近は働き方改革の流れもあり、1年目のうちは細分化された仕事に加えて、
飲み会の調整や先輩たちの雑務に追われ気づけば定時となる人が大半かと思う。

そんな中、昔はその後にバリバリ仕事をやって早く覚えて
さっさと次のステージに進むという事ができたのですが時代がそれを許さない。

自分の思い描いていた理想と下働き的なギャップで転職を考える人もいるが、
それもそのはずであり本質的な仕事が出来るのはだいぶ先になっているのからだ。

例えるならば、きれいな湖を外から見て入社したが
いざ会社に入ってみるとあなたは一度湖に沈んだところからスタートするので
まだ水面から顔を出せておらず、その湖の綺麗さは目に見えていないのだ。

また、1つの湖だと思って入ってみると水面下は色々と仕切られており
入った場所によっては熱いところも、ぬるいところも、油が浮いてる危ないところもある。

最初に入ったその仕切の中だけですべてを決め込んでしまうのはもしかしたら早いのかもしれない。一度立ち止まって良く周りをみる時間も持っておきたい。

次の湖も、あなたはまだ外から見ているだけなのだから。

20代の転職に関しては下記の記事でも言及しているので参照していただきたい。

関連記事

この記事では20代で転職すべきか迷ったら考えて欲しい、3つのポイントについて書いていきたいと思います。まず、あなたはどうして転職をしようと思ったのでしょうか?・周りの人間の転職で自分が遅れている気がした・明確な目標はないが同[…]

3年に意味はないが3年で何が出来るかを考える

ここまで述べてきた通り、3年という期間にはもはやなんの意味もない。

昔と違い、3年あれば市場環境も人の能力もガラリと変わるようになった。
情報へはアクセスしやすくなり、キャリアップにつながる講座等もオンラインで受けられるようになった。

転職情報はよりオープンになり、昔よりも美化して語られるようになった。
今では3年待たずしてネクストキャリアへ進むことも珍しくない。

だから、3年に縛られて考える必要は全くない。
しかし、あなたは昔から言われてきた”3年”で何を出来るかを考える事は必要だ。

働きたくない、努力したくない、楽しいことだけしていた!
けど3年待たずしてステップアップしたいなんて考えていては、いつまでも前に進めない。

あなたは石の上に3年居ない分、その時間で何をするか。
それを常に考えながら毎日精一杯行きていくことは大切だ。

その先に、次の会社が見えたのならどんどんと転職すればいいと思う。

関連記事

おすすめの転職サイトを探す時、あなたは何を基準に選びますか?求人数、担当のホスピタリティー、特化型の転職サイトかそうでないか。それは、全て正解です。けれど、最適な転職サイトは人によって異なります。もし、選ぶエージェントを間違えると[…]

おすすめの転職サイトを紹介
この記事が気に入ったら フォローしよう
sponsor