シンアド転職エージェントの評判

シンアド転職エージェントは広告代理店に転職したい全ての人におすすめ

この記事では、広告代理店に転職をしたいと思っている方におすすめの「シンアド転職エージェント」について紹介をしています。

シンアド転職エージェントを使ってみたいけど「評判を知りたい」「本当に広告業界に強いの?」と思っている方も多いのではないかと思います。

そんな方に向け、同じ不安を抱えながら実際にサービスを利用した私の体験談とおすすめ出来る理由を書いています。

私は、広告代理店の先行き不透明さから新卒では一部上場企業に就職をしました。しかし、広告への思いを諦めきれずに広告代理店への転職を行いました。そして、その時にシンアド転職エージェントを実際に利用してました。

実際に利用してみて、シンアド転職エージェントは広告業界を目指す人に、ぜひおすすめできると思えるサービスです。

シンアド転職 トップページ

「シンアド転職エージェント」公式サイト

 

シンアド転職エージェントとは

シンアド転職エージェントとは、普通に転職活動をするだけならあまり聞かない会社ですよね。リクルートやdoda、マイナビなどの大手や、キャリトレなどでおなじみのビズリーチなど、広告出稿を大量にしている企業と比較するとかなりマイナーな会社です。

このサービスは株式会社ホールハートという広告やPR業界に特化した人材事業を手掛けいている会社によって運営されていて、ホールハートは新卒事業も行っているので広告業界の中ではそこそこの認知度を誇っています。

広告やマーケティングに特化した転職サイトで、それぞれの業界のエキスパートが社内にいるのでまさに広告代理店を目指す人に向けたサイトといえます。

どんな求人が多いのか

前述したとおり、シンアド転職エージェントは保有する求人のほとんどを広告・PR・ITベンチャー(アドテク等含む)・コンサルなど広告領域に特化させています。

他には、ボリュームはそこまでメインボリュームではないのですが、メーカーのマーケ職や広報職などもその時々で求人として保有をしています。

トップページや彼らが出しているバナーにはマーケティング職への求人をと書いてあるので広告代理店の営業は対象外かと思いがちですが、実際は普通に営業職も紹介してくれます。

総合広告代理店においては、営業職の求人がやはり一番出るので、未経験から入り込むなら特にだが営業職は外せない求人と言えるでしょう。実際に私も最初は営業職として転職をしました。

シンアド転職エージェントの強み

シンアド転職エージェントの特徴はなんといっても業界の中をしっかりと見ている人間が、きちんと担当者にも情報や業界の慣習を伝授している事です。

大手人材会社の担当者だと総合代理店と専業代理店の違いや、電通陣営と博報堂陣営の詳細を全く知らないなんてザラ。

電通のグループ会社の人間が他の電通のグループ会社を紹介されたりする(注釈:会社からのオフィシャルの斡旋以外はグループ内転職は通常通らない)という話も聞いたりします。

そんな中、シンアド転職エージェントの担当は業界にも理解が深く、更には仕事内容を理解しているのでその点の歯がゆさは全く感じませんでした。

それどころか、面談をしている中で「その仕事内容が好きならコンサルもありだよ」などとアドバイスをくれ実際に今まで知らなかった小さな戦略コンサルを紹介してくれました。

シンアド転職エージェントの弱み

シンアド転職エージェントの弱みはズバリ業界特化型であることです。

これはもう強みの裏返しの弱みなので仕方ないと思うのですが、あなたのキャリアが「広告代理店やマーケティング職での転職で無いのではない」という可能性もあります。

その時の為にはリクルートエージェントや、dodaにも登録をして面談をしておくと、広告やマーケティング職以外の視点が入ってくるのでおすすめですよ。

 

 

シンアド転職エージェントを利用するには

次に、シンアド転職エージェントを利用する方法を説明していきます。

シンアド転職エージェントへの登録

まずは、公式サイト にアクセスして登録を行います。

現在の氏名などに加え、職業や年収などを記入するが、それが会社にバレることはまずないので安心してください。

そして、直近すぐ転職したいかなどのアンケートに答えます。
まだ先の事だと考えていても、その旨を伝えれば長い目での相談に乗ってくれるようになります。

履歴書もすぐに書ける人は書いてアップロードをしてしまいましょう。
そうすると、提案の質が高まるのですが、必須ではないので後で相談しながら書きたい場合などはいったん登録だけしておいて履歴書などはあとからでも良いです。

面談から案件紹介

登録してしばらくするとメールか電話などで面談の設定の打診がきます。
まずは一度ざっくばらんに話をしてエージェントと話をしてみましょう。

というのも、そこで需要を調べておくと転職の時までにそのマーケットでの需要と今の自分のスキルを比較し、希望企業の求める「人物像」になれるようにその差を埋める努力が出来るからです。

そうすることで、人材の価値が上がって結果的に提示される年収の高い案件を獲得する事も出来ます。

サービスの料金設定

シンアド転職エージェントはサービスはすべて完全無料です。

いざ面談をして紹介された案件が合わなかった場合は、
そこで切り上げても怒られることもありません。

面接から条件交渉

実際に、提示された求人に応募する事になり、かつ採用が進むと「面接のフィードバック」や1度だけ私の「面接の同伴」もしてくれたりしました。

通過した面接はどこが評価されたのか、逆に落ちた面接は何がだめだったのか、企業の採用担当に問い合わせてフィードバックしてくれるので、直接応募に比べて常に改善活動ができ、非常に心強かった。

また、内定を取ると、その後の条件交渉(入社日や年収)が始まります。
私はこれを直接応募で低い年収を提示された事があり、その時になかなか言い出せず帰ってきてしまった事があるのですが、エージェントがいると年収の交渉を間に入りしてくれます。

これから入る会社と給料の話を直接するのは多くの人が苦手とするところなので、その点は心強いですね。

広告業界への転職ならシンアド転職エージェント

シンアドは、転職において広告代理店を志望しているなら間違いなくラインナップに入れるべき1社です。

これは転職活動全般に言えることですが「転職して後悔したらどうしよう」などと考えている人はとても多いです。

しかし、それらは内定を獲得したあとに十分に悩める話です。
条件だって企業が「欲しい」と思ってからやっとスタートします。

私も、今の企業で築き上げてきたものを捨て新天地に移り、それで後悔したらどうしようと思ってました。

しかし、それでも「やりたい仕事」や「身につけたいスキル」を考えた時には転職しかありませんでしたし、転職して後悔はしていません。

人生一度きり。
ぜひ、後悔の無い選択をしてくださいね。

 

 

「シンアド転職エージェント」公式サイト

 

 

 

広告代理店へ転職をする時のその他のおすすめエージェントは下記の記事で紹介しています。

関連記事

この記事では、私が未経験から広告代理店に転職をする時に、実際に私が使っていて良かった広告代理店を3つあげさせていただきます。広告代理店への転職というのは、一般企業への転職と比べて業界を指定して転職をすることが多いです。その観点から[…]

転職をする時に大切なのは、自分の想いと、確かな情報と、信頼できるパートナーです。ぜひ、色々なエージェントの人と会って、話をして信頼出来る人を見つけてみつけてみて下さい。

シンアド転職エージェントの評判
この記事が気に入ったら フォローしよう
sponsor