おすすめの転職サイトを紹介

おすすめの転職サイトを紹介!後悔しないための転職サイト選び

おすすめの転職サイトを探す時、
あなたは何を基準に選びますか?

求人数、担当のホスピタリティー、特化型の転職サイトかそうでないか。

それは、全て正解です。
けれど、最適な転職サイトは人によって異なります。

もし、選ぶエージェントを間違えると望まない転職につながる可能性があります。この記事では、私が実際に使ってみてよかった、おすすめの転職サイトをニーズ別に紹介します。

大手サイトで多くの求人から探したい

転職する時には、多くの求人から選びたいという方向けに2社ご紹介します。
その2社とはずばり、
・求人数1位 リクルートエージェント
・求人数2位 doda
です。

この2社はリクルートエージェントが20万件以上、dodaは13万件で、それ以下の企業と比較すると圧倒的な求人数を誇っています。

大は小を兼ねるので、企業も独占求人を多くこの2社に出しています。
そのため、色々な企業から選びたい方はこの2社は登録しておくと良いでしょう。


リクルートエージェント


リクルートエージェントは言わずとしれた巨大エージェント。求人数業界No.1で、とにかく多くの求人を掲載しています。

リクルートエージェントのメリットは?

リクルートエージェントのメリットはなんといっても最大の求人数です。
まずは登録しておくべきサイトでしょう。

企業も大手のNo.1企業に任せれば安心という心理もあり、リクルートエージェントだけの独占案件などもかなりあります。

また、HPにもたくさんのコンテンツがあり学びになりますし、担当に相談をすると履歴書の添削なども丁寧にやっていただけます。

リクルートエージェントのメリット

・求人数が業界最多
・リクルートエージェントの独占案件が多い
・履歴書の添削から情報提供まで丁寧に実施

リクルートエージェントのデメリットは?

続いて、リクルートエージェントのデメリットです。
サイト自体にこれといってデメリットは無いのですが、大きな組織ですので担当者さんによってばらつきが多いのも事実でいくつかそういった口コミも見られます。

寄せられた悪い口コミ

・無理やり転職させられそうになった
・案件の提案数が多すぎる
・登録の拒否があった

私の周りでも使っている人が多い分、こういった口コミは多かったです。

実際に私も最初についた担当者さんが業界知識の無い方でした。

けれど、もう少し業界に詳しい方をとお願いをしたら快く担当を変えていただきその方とは良い関係を築く事が出来ました。

担当に得手不得手があるのは仕方ないことです。
リクルートエージェンは人材の宝庫なので、もしこの人は違うなと思ったらしっかりと自分の希望を伝えれば適した方を担当にしていただけるので安心です。

 

リクルートエージェントがおすすめな人は?

結論、リクルートエージェントはこんな方におすすめです。

・幅広い企業の中から選択をしたい
・履歴書の書き方など丁寧に教えて欲しい
・どの転職サイトが良いか悩んでいる

リクルートエージェントに登録する


doda

doda(デューダ)はパーソルキャリアが運営するリクルートエージェントに次ぐ求人数を誇るサイトです。最近は広告も多く目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

dodaのメリットは?

感覚的には求人数の劣る分なのか、担当の方が一人ひとり丁寧に対応をしてくれるイメージがあります。

一番最初に実施してくれる面談で、キャリアの見通しから今の仕事での課題、不安に思っていることなどを丁寧にヒアリングしてくれました。その上でいくつかの求人を提示していただけます。

そして、面接前には面接ノウハウを伝えてくれて、あなたの人柄や志向などを書いた紹介状を送ってくれるほど。

dodaのメリット

・求人数が業界第二位
・企業に対して丁寧に売り込んでくれる
・最初の面談がとても丁寧

dodaのデメリットは?

続いてdodaのデメリットを上げていきます。dodaに寄せられた悪い口コミとしては、

寄せられた悪い口コミ

・求人の質が低い
・キャリアアドバイザーの対応が雑

などが挙げられました。
私も実際に使っていたのですが、私としてはそのような事を感じる事はありませんでした。

ただdodaもリクルートエージェント同様大きな組織ですので多少人によってばらつきはあるかもしれません。面談して「ちょっと違うな」と思った時は遠慮せずにその旨を伝えましょう。

dodaは丁寧なサポートをしてくれるので、初めて転職をする人や、キャリアアドバイザーと面談をしながら進めていきたい人におすすめですよ。

dodaがおすすめな人は?

結論、dodaはこんな方におすすめです。

・面接に強い不安がある
・しっかりと相談しながら勧めていきたい
・多くの求人から選びたい


dodaに登録する

20代でキャリアチェンジ&アップをしたい

20代でキャリアを変える、キャリアップをする時には大手のリクルートエージェントやdodaと共に、20代の転職に特化したり、20代荷強い転職サイトを使うようにしましょう。

こういったサイトには、大手求人サイトに載っているものとは別に、多くの第二新卒求人が集まります。

今回は中でもおすすめの
・キャリトレ
・マイナビエージェント
を紹介します。


キャリトレ

キャリトレはビズリーチの運営する20代専門の転職サイトです。
登録をしておくと、ヘッドハンターや企業の担当があなたにあった求人を提案してくれます。

キャリトレのメリットは?

希望の求人や業種・職種を登録しているとヘッドハンターや企業の担当者が社名や志向などで検索をかけてくれて求人情報を送ってきてくれます。

受け身の転職だからこそ、意外な求人をキャリアの幅は広がるのがとても良いところです。日本に上陸する外資系企業の立ち上げから、大手企業の非公開案件まで多岐にわたる選択肢を提案してもらえます。

キャリトレのメリット

・20代に特化した案件が豊富
・提案型だからキャリアの幅が広がる
・案件の質が高い

キャリトレのデメリットは?

続いてはキャリトレのデメリットです。
キャリトレは提案型の求人サイトならではの悪い口コミが多いですね。

寄せられた悪い口コミ

・ヘッドハンターの質がばらつきが激しい
・求人が多すぎて選別出来ない
・登録出来なかったりや案件が来ないことがある

これは提案型だからだと思うのですが、現在アルバイトで生計を立てているような方への求人が来にくいデメリットがあります。

また、ヘッドハンターと呼ばれる中〜小規模の人材会社からの提案形式は提案の求人も提案してくるヘッドハンターも玉石混交であり、今勤めている会社の子会社など、ちゃんと自分のプロフィールに目を通した上でメッセージを送ってきているの?みたいなとんでもない求人を送りつけてくるヘッドハンターがいるのも事実です。

希望年収以下や、こちらの転職意図を汲めなさそうな求人を送ってくるヘッドハンターとは会わないのが無難です。

 

キャリトレがおすすめな人は?

・新卒で入った企業の企業価値が高い
・特筆すべき能力がある
・20代である

 

 

 

キャリトレに登録する

 

 

 


マイナビエージェント

マイナビエージェントは新卒の時にマイナビを使っていた人がそのまま使うことが多いのか、20代の比較的若い方向けの案件が多いです。

 

マイナビエージェントのメリットは?

マイナビのメリットは20代向けの求人が多いことです。
20代、第二新卒の比率が高く担当者もこの人材マーケットに対してのノウハウが豊富です。

また、マイナビは全国に拠点があり中小企業の開拓にも力を入れているので他の大手求人サイトに無い掘り出し物の求人があります。

マイナビのメリット

・20代に特化した案件が豊富
・中小企業の案件が豊富
・担当者の第二新卒マーケットへの理解が深い

マイナビエージェントのデメリットは?

続いてはマイナビのデメリットです。

マイナビは営業職の強い会社であり、中小案件など他の大手求人サイトに載っていない案件の掲載に力を入れている一方で、営業職が強く出てしまう事があるようですね。

寄せられた悪い口コミ

・内定を急かされた
・転職意向に沿わない年収の高い企業を紹介された
・業界大手と比較すると求人数が少ない

確かに、マイナビに限らずですが内定を急かしてきたり、(紹介手数料が多いので)希望と異なる年収の高い業界の案件の提案をゴリ押ししてきたりする担当者もいます。

私もマイナビん担当者さんからは年収は200万アップするものの、離職率が高く常に求人が出ている某高利益率企業の営業求人を最初に紹介されました。

しかし、それは実際他の企業の担当もしてきた事があるので営業としては致し方ないのでしょう。

マイナビエージェントがおすすめな人は?

 

・中小企業も含め検討している
・第二新卒の求人を探している
・他社の担当に疑問がありセカンドオピニオンになってもらいたい

 

 

マイナビエージェントに登録する

 

 

 

転職しようかまだ迷っていたら

転職しようかまだ迷っていたらMIIDAS(ミイダス)の市場価値判断がおすすめ。

5分で登録出来て、7万人の転職データからあなたと類似した経歴の人を探して、その人の市場価値と比較をしてくれます。

あなたと同じキャリアの人がもしかしたら年収が200万高いなんてことも。
そういった情報は知っているだけで目安になります。

また、面接が確約のオファーだけが届くので「転職活動をして受け入れてくれる会社はあるのかな」と悩んでいる方はまずは5分で登録をしてみてください。
面接確約オファーは自分がどんな会社から声をかけられるのかを知る指標になります。

目安がわかると、動きやすいですよね。


MIIDAS(ミイダス)を使ってみる
関連記事

この記事では、私が未経験から広告代理店に転職をする時に、実際に私が使っていて良かった広告代理店を3つあげさせていただきます。広告代理店への転職というのは、一般企業への転職と比べて業界を指定して転職をすることが多いです。その観点から[…]

関連記事

この記事では20代で転職すべきか迷ったら考えて欲しい、3つのポイントについて書いていきたいと思います。まず、あなたはどうして転職をしようと思ったのでしょうか?・周りの人間の転職で自分が遅れている気がした・明確な目標はないが同[…]

おすすめの転職サイトを紹介
この記事が気に入ったら フォローしよう
sponsor