広告代理店の英語学習の必要性

なぜ広告代理店は英語を使わないのに、英語が必要なのか

この記事では、広告代理店というドメスティックな仕事で
なぜ英語は必要なのかという疑問にお答えをしたいと思います。

広告代理店に就職・転職をする、または努めている人でまだ英語を学んでいない人は、ぜひ見てください。

広告代理店に英語は必要なのか
sponsor

広告代理店は英語を使うのか

広告代理店に英語は使うのかという問いへの答えは、NOです。

外資系のクライアントを専門に扱う部隊には必要かもしれませんが、
その他一般の人間には外国語のスキルやTOEICのスコアは必要ありません。

どんな時に広告代理店は英語を使うのか

広告代理店は英訳のポスターやパンフレットを作る時に英語を使いますが、
専門の翻訳会社を使うか、社内の英語専門の部署に依頼をするかです。

また、最近は海外支社での仕事も増えてきています。
海外支社勤務につきたいのならば英語の学習をしてもいいかもしれません。

会社によっては海外支社は手当が出て実質の年収が上がったりするので人気のポジションです。

外資系広告代理店は英語を使うのか

外資系広告代理店というと、英語がマストなイメージもありますが
実は日本法人の場合は英語はほとんど使わない会社も多いです。

実際、中途採用で受け付ける時も、港区の某外資系の広告代理店も「英語の読み書きができれば 尚可」程度に留められており必須条件ではない。

出世をしたいならば、上司は英語を使うので英語が使えた方が良いに決まっているが、通常の業務では大した影響はない。

広告代理店に英語は必要か

広告代理店で英語は使うのかという点ではNOと答えたが、
必要かという話でいくとYesになる。

広告代理店に限らず日本の国内市場は今後シュリンクしていくが
多くの広告代理店自体はグローバルになりきれないと想定されるからだ。

よってこれから日本人の広告代理店の仕事はどんどん減っていくと推測される。
そうなった時に働く会社の幅を広げるには英語は必須になってくる。

これからのキャリアの為に英語を学ぶ意味

英語を使えると使えないとだと求人数が全くもって変わってくる。
外資系製薬企業のマーケティング職、外資メーカーのマーケティング職、海外からきたメディアの広告セールス担当、いずれも高給の職業だがビジネスレベルの英語が求められる。

転職して広告代理店に就職する人や、今いる広告代理店で一生を終えるつもりならば英語は必要ないかもしれない。

しかし、これからのキャリアップを見据えると英語は必須になってくる。
「英語からずっと逃げてきた」という人は是非今からでも勉強してみてください。

広告代理店の英語学習の必要性
この記事が気に入ったら フォローしよう
sponsor