2019年本当に読んで良かった漫画5選+α

この記事では年間100種類はマンガを読む筆者が、今年流行っているマンガを中心に、知らないと損するマンガをご紹介していきます。

異論反論どんとこい!これは、趣味趣向のぶつかり合いだ!(と思ってます)

マンガを好きでは無い方も読んで損しないものを選出しているので、知らない人も是非見ていってください。

sponsor

今年特にきた流行のマンガ5選

それでは、特に今年流行ったなというものを中心に5つ選んでみました。

1、鬼滅の刃

1つ目は「鬼滅の刃」です。

これは今年きましたね、週刊少年ジャンプで連載が始まった時は私もこれはくると確信していました。

鬼に家族を殺された主人公が、家族の中で唯一生き残ったものの鬼(といっても理性があり人を襲わない)となってしまった妹と共に鬼を倒す物語。

勧善懲悪ではなく、鬼の中にも絆や想いがあり正義がある。鬼になってしまった妹を持つ兄だからこそわかる葛藤を抱えながら鬼を倒していく。

ちなみに女性に特に人気があり髪の毛やネイルを禰豆子カラーにするのが流行っている。

2、キングダム

はい、ずっと来てますよね。週刊ヤングジャンプの『キングダム』
ただ今年は映画などもあり特に流行った一年だったと思います。

キングダムは第17回手塚治虫文化賞のマンガ大賞受賞作品であり、単行本発行部数は56巻発売時点で累計4700万部を突破しているまさに大人気マンガです。

紀元前3世紀の古代中国の春秋戦国時代末期を舞台にした物語で、これがビジネスパーソンの間で人気なんです。

というのも、単なる武将ものではなくそこで描かれるのは「リーダーシップ学」であり「経営学」であるとされ「これはもはやビジネス書である」とまで言われました。

周りから「読め」と圧力をかけられた頃には既に40巻超えていたので全巻購入するのも気が引け、かといって漫画喫茶で40巻読むのもな・・と思いDMMのコミックレンタルで一気に借りて読みましたよ。これは1冊80円から借りられて自宅に届くので長編物を一気に読みたい時には便利ですね。

ただ、新作とかは待てないので旧作一気読みしたい時に使ってます。

1冊80円のDMMコミックレンタル!

3、アクタージュ

このあたりから少し知らない人も出てきたかなと思います。

アクタージュは週刊ヤングジャンプで連載をしているマンガで、マツキタツヤ原作の宇佐崎しろが作画の漫画です。

主人公が天才的な演劇センスを持っておりそれで女優の道を歩みだす話。演じるとは何か、表現するとは何か、作品を作っている1人1人の役割は何か。このあたりを細かく描写出来るのはマツキタツヤさんが元々は映画の脚本に携わっていたからでしょうか。

また、絵も1ページ1ページの力が強く、セリフのないシーンでここまで語れるのか・・と驚きます。まだ巻数もそこまで出ていないので今からでも十分追いつきますよ!

4、終末のワルキューレ

神々の会議で人間はいらないから滅亡させるか、といったとんでもない形で物語はスタートします。

その後に、神 VS 人間での戦いが始まるのですが、そもそもに私達って神の名前ってなんとなく知っていたり、歴史上の偉人もなんとなくしっているレベルなので(正しい紹介になるかは置いておいて)ここまでたくさんの神と偉人を一気に知れる作品もなかなかないでしょう。

これもそこまで知名度は高くないのですが、ツイッター上などで話題沸騰中ですのでぜひ見てください。

5、左ききのエレン

広告マンなのでどうしても下駄を履かせてしまうのかもしれませんが、左ききのエレンは今年私が最も心を動かされた漫画になります。

あらすじは、大手広告代理店に勤める駆け出しのデザイナー朝倉光一が才能という壁、天才という壁にぶつかりながらももがき続ける物語だ。

一貫して「才能」と戦いを続ける登場人物達は「なにもの」であるのかを問い続ける者、そして主人公の朝倉のように「なにもの」かになりたくてもがき続けるものの織りなす物語は、自分が「なにもの」かになることを諦めて自分の気持ちに折り合いをつけながら毎日をうまくこなしている大人に是非読んでもらいたいです。

sponsor

他にも読んで欲しい漫画

まずは”旬”なもので5つ抜粋してみましたが、他にもご紹介したいものがいくつかあったので続いて紹介をしていきたいと思います。

1、東京卍リベンジャーズ

未来と過去を行き来できる主人公が、愛する人の為に、友の為に、不良の頂点を目指しながら未来を変える物語です。

不良ものは特に男性に好かれるかもしれませんね。

2、五等分の花嫁

貧乏な生活を送る高校2年生・上杉風太郎のもとに、好条件の家庭教師アルバイトの話がくる。それは5人の女の子達の家庭教師だった。

その5人の女の子にはそれぞれ個性があり、色々なパターンのラブコメディを繰り広げる王道ハーレム型ラブコメディの亜種です。ラブコメディ好きも、刺激があって楽しめます。

3、白竜LEGEND

過去の政治・経済の事件を元にしたヤクザもののアニメです。政治経済を元にしたアニメやドラマが好きな人は是非読んで欲しい1冊になっています。

実際の事件が元になっているので気になる人はググってみて、もとの事件を調べたりするのもいい楽しみ方です。

4、ラブホの上野さん

ラブホの上野さんはラブホを中心としたあるあるまとめ系のエロコメディーかと思いきや、内容は心理学等を中心にした女性を口説く為の知識満載の漫画でした。

読んでいると「この失敗自分もしている」といった様なものがいくつもあって自身がなくなって来ました。

終わりに

漫画は悪だと言われ育った方も多いと思いますが、広告クリエイターの多くは漫画ジャンキーです。

漫画から得られる右脳的な情報は「何が楽しいと感じたか」を抽象化して言語化する事で、ビジネスにも役立ってきます。

全部購入するのは高いので、漫画喫茶とかレンタルとかで読むと経済的にもお得です。

その中でも私のオススメはDMMのコミックレンタル。
コミックレンタルは在庫も豊富で、旧作は80円からレンタル出来るのです。

20冊など数を多く借りるなら48時間100円とかの某電子レンタルよりもお得。
20日間借りられるから、10日前に読んだ1巻に戻りたいと思ってもすぐに読み返すことができます。
私は、キングダム全巻読んだ時も20日で全然OKでした。

興味のある方は覗いてみてください。

1冊80円のDMMコミックレンタル!

ちなみにこのサイトのランキングでは

1位 キングダム
2位 鬼滅の刃
3位 約束のネバーランド
4位 進撃の巨人
5位 ゴールデンカムイ
6位 凪のお暇
7位 ザ・ファブル
8位 ガイシューイッショク!
9位 薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~
10位ONE PIECE
1冊80円のDMMコミックレンタル!より引用)

でした!
年末年始のタイミングで1冊でも多く読もうと、
我が家には100冊の漫画がスタンバイしています。

皆さんのオススメはなんですか?

ではまた。

下記の記事では映画等の無料お試し期間のある見放題サービスを紹介しています。
休みの間、たくさんのコンテンツを消費したい人は是非御覧ください。

アドマケファクトリー

この記事では、年末年始に始めたいインプット習慣の話をします。 ただインプットするのではなくアウトプットと同時に行う方法で…

この記事が気に入ったら フォローしよう
sponsor